神音(かのん)カフェ

石川県羽咋市神子原地区、菅池町。スロー・スモール・シンプル&地産地消

  • Iced coffee

  • 今年も始めました。『冷や』のコーヒーです。
    アイスコーヒー

    アイスコーヒーには「御陵山ブレンド」を使いますが、
    幾つか「専門店ならでは」のポイントを押さえて『口で広がる香りとすっきりしたのど越し』を目指しています。

    そのポイントのひとつは、もちろん「自家焙煎で挽きたて」であるという事。
    そして「適切な濃度での抽出と、急冷」。

    この「急冷」がなかなか難しいんです。
    引き締った(低温で固く凍ったロックアイスなど)氷でないとすぐ溶けて水っぽくなり、
    酸化も早くなってしまいます。
    良い氷を使っても抽出速度や濃度を誤ると、やはりいまいち。

    人の味覚は冷たいものは弱く感じられますので、
    淹れたてで濃く感じても、冷たくすると丁度良いという事があるのです。

    そこで、神音では『業務用の急冷器』を使用しています。
    入れたてのコーヒーが氷に触れることなく、氷に包まれた金属の筒を伝いつつ、放熱>冷却される仕組みです。
    これは何より『薄まらない』ですし、冷却速度が速い為『香りがしっかり閉じ込められる』のです。

    ところでこの「アイスコーヒー」、海外にはあまり無いメニューなんです。
    夏だろうが冬だろうが、アロマとフレーバーを同時に判別できるホットで味わうのが世界の標準のようです。

    『コーヒーはブラックじゃなきゃグルメじゃないよ』なんていうのも日本人の偏見ですが、
    口に含んで、冷たいコーヒーが体温で温度を上げるときに一気に香りが開放される、、
    いわゆる「のど越しの香り」。
    苦味や甘み、酸味、、もったりとした気分や口を爽やかに刺激してくれる。
    特に蒸し暑いときには恋しくなる、日本の夏の大事な役者ですね。

    ブラックでもコーヒー本来の甘さや味のバランスを愉しむのは、
    確かにお茶の国、日本人の感性の豊かさだと思います。

    ちょっとだるかったり疲れを感じるときは、濃厚なエスプレッソベースの「アイスカフェラテ」。
    フレーバーシロップや、シュガーシロップでしっかり甘くすれば、
    元気もテンションもアップですよ。

こだわり // 店主のブログの最新記事